気軽に買える医薬部外品の存在が

いわゆる薬事法の遵守に対する意識の足りない会社が取り締まりされる場合も結構多くあります。
いわゆる薬事法に対する学習が不足してしまっていることで、
把握していない所で法律を無視しているのです。


薬事法の内容に触れてしまった場合、
製造業者や製造販売業者などの関連メーカーに限らず、
その広告に順ずる全部の人に、違法の責任を問われる場合もありえますので兎に角注意が大切なんです。


「一ヶ月で15キロ痩せちゃう!」「購入することによってエンジング効果を手に入れることが出来る自信のアイテムです!」など、
主な効果を言葉にする宣伝記事は薬事法における違反になってしまう場合もあるのでご注意ください。


社内スタッフやその辺の制作会社が広告やカタログを提案すると人気商品にしたいという思いがでてきてしまい、
会社の商品の主な効果を表現していわゆる薬事法違反になる場合も十分にあります。


国の薬事法に抵触した場合に対しての食材の販売に関するペナルティというのはかなり厳しいものです。
商品の回収などを違法ということで命じられたニュースも大手と呼ばれるサプリメント会社であっても、
あります。


宣伝広告が小さかったりビッグな広告を出すことは無いから特に問題無いだろうと思ってはいないでしょうか?もし薬事法違反が採用された時、
販売停止などを言われたケースがあるので覚えておきましょう。

ドクター監修など

食べ物の販売についての薬事法違反を犯してしまった場合に対してのペナルティというのは厳しくなっています。
知名度のあるサプリ会社でも、販売停止や出荷停止を法により命令されたCASEもありますのできちんと検討しましょう。


広告そのものが小さかったり派手すぎる広告をすることが無いから問題は無いだろうと楽観視していませんか?万が一薬国が定める薬事法に抵触した表現が見つかった場合、
商品のすべて回収などを違法ということで課せられたケースがありますのでしっかりと考えましょう。


「副作用は見られません」「身体への無危害については心配はいりません!」などの、
使用効果を実感することができ、
体の状態や利用者の性別、年齢など関係無く安心のものであるということを会社が保証するような言葉は国から決められた薬事法に抵触してしまうことになります。


「世界的ドクター監修」など、特定の人が開発に携わっていることを公言し、
販売商品の名称にすることも国の薬事法においては、
NG項目です。
「愛用者の意見」として他人からの意見であっても、
それはNGとなります。


販売する場合、「きちんと飲むと視力の弱い目が改善しちゃいます!」「低下した視力を取り戻す!」などとブルーベリーエキス配合のサプリを期待できる効果を世間に伝えることをしたくなりますが、
これは全て薬事法違法です。


健康雑貨やサプリメントなどは国が定める薬事法で規制されている品目には該当しません。
但し、いわゆる医薬品などと勘違いされるような言葉を表記したり、
広告で実践してしまうと、国が定める薬事法に抵触した表現となります。

何かと話題になる薬事法を

薬事法の内容では、専門医監修など、医師が研究開発に関係していることを表示し、
その商品の名称にすることも禁止事項です。
一般の方などからの「購入した人の意見」として声でも、
駄目です。


出荷商品全ての回収などをもし薬事法に触れてしまった表現が採用された場合、
法に則り命じられたケースがあるのです。
広告そのものが小さかったり大掛かりな広告を展開することは無いから法律違反では無いだろうと考えてはいないでしょうか?

「安全性はご安心ください!」「トラブル無し」等の、
購入者の性別、年齢等を問わず効果を期待通りに実感することができ、
安心のものであるということを販売元が保証する表現は国の薬事法に抵触します。


ジャンルが違う医薬品のような宣伝の方法をすると、
健康食品というのは何かと話題になる薬事法や健康増進法に触れてしまう可能性がもちろんありますが、
誰がみたとしても明らかな食品でしたら問題は無いです。


「1ヶ月で10キロ体重が減る!」「使い続けることによって若返りを手に入れることが出来る奇跡の商品です」など、
得られる効果を言葉にする表記の記事は薬事法に触れてしまうことになることもあるのでお気をつけ下さい。


「世界的ドクター監修」など、医師等が開発に携わっていることを公言し、
商品の名前に使用することも薬事法の内容では、
NG項目です。
「愛用者の意見」としてユーザーなどからの声であっても、
認められません。

気軽に買える医薬部外品の存在が

広告の大きさが小さかったりビッグな広告をすることが無いから問題は無いだろうと思っていませんか?万が一薬国の薬事法に抵触した表現がわかった時、
商品のすべて回収などを法により命じられたケースがありますのでしっかりと考えましょう。


人気のサプリ等を発売する時に、
薬事法においては、特殊な医薬品と間違えないような販促の言葉をチョイスする必要があります。
予想もしていなかったところでそれを学ばなければ、
いわゆる違法行為を犯してしまっています。


企業スタッフや一般的な制作会社がチラシやパンフレットを作ると少しでも多く売りたいという思いが表に出てしまい、
グッズの得られる効果を表現して俗にいう薬事法に抵触するケースも考えられます。


ブルーベリーエキス配合のサプリメントを発売する時、
「毎日飲むと元気の無い目が解消方法へと導きます」「悩みのドライアイも改善!」などと実際の効果をユーザーに伝えたくなりますが、
すべて国の薬事法に抵触します。


厳しい薬事法に違反することの無い広告では、
商品の魅力をユーザーに伝えること出来なく、
人気がダウンすると思ってはいないでしょうか?国の薬事法を遵守し、
ユーザーに魅了される広告を配信することがとっても大切です。


その広報戦略に関係するあらゆる関係者に、
製造販売会社等のメーカーだけに限らず、
薬事法違反を犯してしまった場合、
事実の責任を問われる場合も考えられますので広告宣伝には注意が必要となるでしょう。


会社の担当者間で知らない間に販売向上戦略のため薬事法に触れてしまう表現を使用しているケースがけっこう多く、
削除されることにグーグルなどのチェックに引っかかってしまうことによってなる場合があります。


「安全面は心配無し!」「体に影響無し!」などといった、
状態や性別、年齢など全く問わず効果を期待通りに実感することができ、
セーフティなものであることを保証する表現は国から決められた薬事法に抵触してしまうことになります。

自社アイテムを

広告自体が小さかったりド派手な広告を打つことはしないから問題無いなどと考えてはいないでしょうか?もし薬事法を守らなかった表現が展開された場合、
販売延期などを法に則り言い渡されたケースがあるので覚えておきましょう。


市販の医薬品などのこうかや効能、
安全性のコスメの使う前や後のデザインや動画等の表現については、
会社が保証するような表現となりますので基本俗にいう薬事法では禁止です。


法律の薬事法では、「医師監修」など、医師等が開発に関係していることを表示し、
商品の名前に使用することも違法なことです。
他人からの「購入した人の意見」として声であっても、
NGとなります。


いわゆる薬事法では、「世界的ドクター監修」など、医師が研究開発に携わっていることを公言し、
その商品名に使用することもNG項目です。
ユーザーなどからの「愛用者の意見」としてクチコミであっても、
それはNGとなります。


知らずに法律を何かと話題になる薬事に対する認識が少ない傾向にあることで、
破ってしまうのです。
俗にいう薬事法の遵守に対する意識の足りない業者が取り締まりされる場合は多くあります。


出荷の停止などをもし薬事法に触れてしまった表現が採用された時、
課せられたケースがあるので検討しましょう。
広告枠がかなり小さかったり派手すぎる広告を展開自体しないから特に問題無いだろうと簡単に考えてはいないでしょうか?

最新記事

  • いわゆる薬事法の遵守に対する意識の足りない会社が取り締まりされる場合も結構多くあります。いわゆる薬事法に対する …

    気軽に買える医薬部外品の存在が

  • 食べ物の販売についての薬事法違反を犯してしまった場合に対してのペナルティというのは厳しくなっています。知名度の …

    ドクター監修など

  • 薬事法の内容では、専門医監修など、医師が研究開発に関係していることを表示し、その商品の名称にすることも禁止事項 …

    何かと話題になる薬事法を