担当者間で

「副作用は見られません」「安全性に関しては心配はいりません!」など、
効果を実感することができ、購入者の性別、年齢等問わず安心して購入出来るということを販売元が保証する言葉は薬事法に触れてしまうことになります。


「あっという間に痩せます!」「使うことによって若返り効果を手にすることが出来る魅力的なもの!」など、
得られる効果を言葉にする宣伝記事は国の薬事法に抵触になる場合もあるので利用してはいけません。


法律の薬事法を気軽に買える医薬部外品が、
ややこしい法律にしている理由といってもいいでしょう。
薬局で購入出来る医薬品に準ずるような成分の配合はありますが、
多少しか効果効能が認められていないものが気軽に買える医薬部外品なのです。


ドラッグストアの医薬品などは、
商品毎に専用容器、また被包に記載する必要のある文章等が存在します。
この特記する項目などはいわゆる「法定表示」と呼んでいます。


国が定める薬事法に抵触した場合、
製造販売業者などの関連業者だけに限ったことではなく、
その広告に関わっているのみんなに、
事実の責任を問われるケースも考えられますので注意が必要となるでしょう。


商品をさらに広報レベル向上させるために実感させようとする販売方法をした結果、
サイトの中には薬事法に触れると思われます不適切とも言える記事が多くありますのでご注意ください。


ブルーベリーサプリメントを販売をする場合、
「飲むと疲れた目が治ります!」「悩みのドライアイも改善!」などと効果効能の言葉を消費者に伝えたくなりますが、
全て薬事法に触れることになります。

自社グッズを

国が定める薬事法では、健康補助食品などを販売をする時に、
あたかも医薬品と間違えないような販促の表現を使うことが重要です。
それらを勉強しなければ、理解していない所でいわゆる違法行為をしてしまいます。


医薬品と勘違いされてしまうような販売促進活動を行うと、
人気のサプリ等は日本における薬事法や健康増進法に抵触をしてしまう可能性がありえますが、
あらゆる人から見て明らかに食品というケースでしたら問題は無いです。


兎に角市販の医薬品などを製造して販売、
コマーシャルをする場合に見逃せないのが薬事法についてです。
保健衛生におけるアップを最大の要因として作られている法律の一つです。


いわゆる薬事法を知らなければ、
サイトのデザインが素晴らしくても、
予想もしていなかった所で触れてしまうおそれがあります。
製薬会社やエステ・クリニック、
健康食品やサプリメントなどの中でも特に心配しなければいけないのはホームページです。


法律の薬事法のコンプライアンスに対するちょっと意識の足りない会社が逮捕される場合は多くあります。
国が定める薬事に対する学習が不足気味ということで、
把握していないところで法律を無視しています。


その販売促進活動に関与する皆さんに、
製造し販売をしている業者などの関連業者だけに限ったことではなく、
薬事法の内容に触れてしまった場合、
その責任を問われる場合もありえますので広告宣伝には注意が必要なことです。


健康用品、また健康雑貨などは何かと話題になる薬事法で制限されている商品にはなりません。
念の為、市販の医薬品等などと誤解されるような表現を使用などしたり、
広告でやってしまうと、薬事法に触れてしまった表現となります。


ドクター監修など、ドクターが研究開発に関わっていることを名言し、
その商品の名称にすることも薬事法においては、
違法行為になります。
「購入者の感想」として他人からのクチコミでも、
違反となります。

簡単に購入出来る医薬部外品の存在が

健康補助食品や健康雑貨などは法律の薬事法で制限されているグッズではありません。
注意したいことが、市販の医薬品などと勘違いされるような表現を使用などしたり、
コマーシャルをする際に実行してしまうと、
国から決められた薬事法に抵触した表現となります。


俗にいう医薬品などを製造開発、
販売、コマーシャルをする際にぜったいに関係するのがいわゆる薬事法です。
保健衛生をさらに高めることを図る目的として作られた重要な法律の一つです。


「一ヶ月で15キロ痩せちゃう!」「ピーリングをすることでアンチエンジング効果を成功することが可能な魅力的なもの!」など、
主な効果を表現するセールストークは薬事法に触れることになってしまいますのでご注意ください。


「使うことによって美容を手にすることが出来る素晴らしい商品です!」「たった3日で5キロ減!」など、
薬事法における違反に実際の効果を言葉にする宣伝はなってしまいますのでご注意ください。


薬事法に違反してしまった場合に対しての食材の販売についての罰則というのは結構重いものです。
出荷停止などを言い渡されたCASEも誰もが知る健康食品メーカーでも、
ありますのできちんと検討しましょう。


健康用品、また健康雑貨などは日本における薬事法で規制されている商品にはなりません。
ただし、俗にいう医薬品等などと間違えられるような言葉を利用したり、
広告活動をする場合に実行すると、
国が定める薬事法に抵触した表現となります。


コスメティックの使う前や後のデザインや動画像等の表現は、
いわゆる医薬品などの効能結果、
さらに安全性の保証してくれるような表現となりますので薬事法の内容では基本禁止されています。

最新記事

  • 「副作用は見られません」「安全性に関しては心配はいりません!」など、効果を実感することができ、購入者の性別、年 …

    担当者間で

  • 国が定める薬事法では、健康補助食品などを販売をする時に、あたかも医薬品と間違えないような販促の表現を使うことが …

    自社グッズを

  • 健康補助食品や健康雑貨などは法律の薬事法で制限されているグッズではありません。注意したいことが、市販の医薬品な …

    簡単に購入出来る医薬部外品の存在が